Nichibun.netは,日本文教出版が運営する,高等学校「情報」のサポートサイトです。
Nichibun.net  
日本文教出版「情報」教科書・指導書
研究会・セミナー情報
「情報」メールバックナンバー
日本文教出版「情報」教科書・指導書
□新・情報A
■目次
■教科書内容
■年間学習指導計画例
■MISSIONについて

□情報A
■目次
■教科書内容
■年間学習指導計画例
■総合実習

□新・情報B
■目次
■教科書内容
■年間学習指導計画例
■総合実習

□新・情報C
■目次
■教科書内容
■年間学習指導計画例
■総合実習

■教科書の構成
■総合実習
■情報モラルの取り扱い
■内容案内(PDF)
■著者紹介
■観点別特色一覧
■旧版の紹介

■教師用指導書
教科「情報」サポート教材
教科「情報」授業支援Contents
情報教育 実践事例紹介
アプリケーション講座
HOMEへ
日本文教出版
新・情報C 総合実習
CMをつくってみよう(20時間の場合)
■ 先生 テーマを決める
2時間

生徒 ■
生徒の興味をかきたてそうなCMや,CMにまつわる社会的な事件などを紹介し,動機づけとする。 興味・関心に応じて簡単に調べる。
社会と情報システムの関わりやそれによる暮らしの変化などについて掘り起こし,CMの形に表現できそうな課題を見つける。
テレビCMをつくることや,そのために必要な調査の要件,求められる成果や評価の観点を事前に伝えておく。生徒の興味・関心を引き出しながら,計画を検討させる。 計画を立てる
2時間
教科書の流れと,クラス全体での協議で決まった全体スケジュールを踏まえ,成果を出すための無理のない計画を立てる。
CM作品例,図書館にある蔵書,Webページなどの資料を提供する。
生徒の興味・関心,疑問点などを聞き出しながらアドバイスを行う。
調査がまとまりつつあるグループから,企画書の作成を進めるように指示する。
調査する

5時間

企画書作成する
各グループのテーマに応じて調査を進める。校外でインタビューやアンケートを行う場合には,事前に先生に相談する。
調査の内容を活かし,作成するCM作品で視聴者に何を訴えたいかを,グループ内で相談しながらおおまかに決め,企画書を作成する。
企画書を元に作品について各グループと話し合い,よければGOサインを出す。機材を手配し,撮影場所等について整理する。制作が始まったら,進度のばらつきを調整し,完成までアドバイスを行う。 作品をつくる
8時間
企画書が通ったら制作を始める。機材の扱いで不明な点があれば,先生やTAに相談する。撮影場所,撮影内容,問題点,進捗状況,役割分担などを毎回記録し,問題点はグループ内で協議し,先生に相談しながら解決する。
各グループの作品と発表内容についてコメントする。
発表内容を補足する形で,各グループのこだわりや特筆すべき点は,積極的に評価する。
発表する
2時間
作品の趣旨を説明し,作品を上映する。
クラス全体で成果発表会の準備や進行にも挑戦する。各グループの作品を見て,感じたことをメモし,質疑応答の時間を利用して意見交換をする。
評価をまとめる。各グループの成果をディジタル化し生徒に手渡す。 評価する
1時間
各グループの活動を評価するとともに,一連の学習を通して得た成果や反省点,今後の抱負などをレポートにまとめ,自己評価する。
情報A   新・情報B   新・情報C


<< 目次ページへ
<< 総合実習TOPページへ
上に戻る
  Copyright(C)2006,Nihon Bunkyou Shuppan Co., Ltd.All Rights Reserved. プライバシーポリシー サイトマップ お問い合わせ