Nichibun.netは,日本文教出版が運営する,高等学校「情報」のサポートサイトです。
Nichibun.net  
日本文教出版「情報」教科書・指導書
研究会・セミナー情報
「情報」メールバックナンバー
日本文教出版「情報」教科書・指導書
□新・情報A
■目次
■教科書内容
■年間学習指導計画例
■MISSIONについて

□情報A
■目次
■教科書内容
■年間学習指導計画例
■総合実習

□新・情報B
■目次
■教科書内容
■年間学習指導計画例
■総合実習

□新・情報C
■目次
■教科書内容
■年間学習指導計画例
■総合実習

■教科書の構成
■総合実習
■情報モラルの取り扱い
■内容案内(PDF)
■著者紹介
■観点別特色一覧
■旧版の紹介

■教師用指導書
教科「情報」サポート教材
教科「情報」授業支援Contents
情報教育 実践事例紹介
アプリケーション講座
HOMEへ
日本文教出版
新・情報C 教科書内容
コミュニケーションの力はコミュニケーションによって育つもの。コミュニケーションの必然がこの教科書にはあります。

情報技術の基礎をわかりやすく。
情報Cで情報のディジタル化やネットワークの仕組みを学ぶのは,高度情報通信社会においてより豊かなコミュニケーションを営んでいくためだと考えました。そこで必要になる基礎的な知識を精選し,わかりやすい図版を用いて学んでいくことができます。決して深入りするものではありません。

新・情報C 教科書内容
「コミュニケーション」そのものへの社会学的なアプローチ。
今回の改訂作業で最も重視した点の一つは,「コミュニケーション」という行為や現象そのものを理解するための教材開発でした。コミュニケーションを構成する「メッセージ」「メディア」「モード」「チャンネル」などの要素を理解することで,現在起こっているコミュニケーション上の諸問題をも解決する糸口が見えてきます。
新・情報C 教科書内容
第3章 1節 p58
情報技術と表現の関係に興味をもつ。
情報技術の発達により表現の方法が多様化しています。コンピュータグラフィックスやデスクトップミュージック,ものづくりと情報技術の関係などを事例的に紹介し生徒の興味の広がりをねらいました。実習でそれらを体験する時間も設定しています。
新・情報C 教科書内容
第3章 2節 p72〜73
テーマ実習の配置。
第1章 2節「情報のディジタル化」,第3章 3節「プレゼンテーションによる表現」にテーマ実習を配置しています。テーマに基づいた「文脈」を設定し実習に取り組みます。身近な問題設定と文脈を意識した教材構成とすることで,知識は自然に吸収され,また定着することでしょう。
新・情報C 教科書内容
第3章 3節 p76〜77
情報社会の光と影の内容はいつでも参照できる。
「やってはいけない」ではなく「こうすればできる」というポジティブな態度を育てたいという思いから,情報社会の光と影に関する内容については,あえて第5章に位置づけました。もちろん教科書の「Check!」機能を利用して,第1章〜第4章の中でもその都度,該当する内容を参照することができます。
新・情報C 教科書内容
第5章 2節 p122〜123
そしてストーリーを結実させる自分の意見をもつことの重要性。
情報Cには1冊を通したストーリーがあります。第1章と第2章で情報技術の基礎を学び,それを活用したコミュニケーションを第3章で体験して有効性を実感し,第4章では基礎的な素養をフル活用して総合実習に取り組みます。総合実習では苦労した経験からさまざまなことを学ぶことでしょう。第5章ではさらなる問題意識の高まりを目指して,情報社会についての学習を深めます。そして自分なりの意見をもつことに繋げることで良識ある市民としての第一歩を踏み出すのです。
新・情報C 教科書内容
第5章 3節 p132〜133
<< 戻る
上に戻る
  Copyright(C)2006,Nihon Bunkyou Shuppan Co., Ltd.All Rights Reserved. プライバシーポリシー サイトマップ お問い合わせ