Nichibun.netは,日本文教出版が運営する,高等学校「情報」のサポートサイトです。
Nichibun.net  
日本文教出版「情報」教科書・指導書
研究会・セミナー情報
「情報」メールバックナンバー
日本文教出版「情報」教科書・指導書
□新・情報A
■目次
■教科書内容
■年間学習指導計画例
■MISSIONについて

□情報A
■目次
■教科書内容
■年間学習指導計画例
■総合実習

□新・情報B
■目次
■教科書内容
■年間学習指導計画例
■総合実習

□新・情報C
■目次
■教科書内容
■年間学習指導計画例
■総合実習

■教科書の構成
■総合実習
■情報モラルの取り扱い
■内容案内(PDF)
■著者紹介
■観点別特色一覧
■旧版の紹介

■教師用指導書
教科「情報」サポート教材
教科「情報」授業支援Contents
情報教育 実践事例紹介
アプリケーション講座
HOMEへ
日本文教出版
新・情報A MISSIONについて
MISSION 新・情報A教科書では,各節の最後に,節末実習「MISSION(ミッション)」を置いています。
MISSIONには,以下のような特長があります。
学習内容を確実に身につけることができます。
各節の学習の最後の段階でMISSIONに取り組むことで,各節の学習内容に関連するテーマについて調べたり,まとめたり,発表したり,評価したりする活動を体験し,各節で学んだ学習内容を確実に身につけることができます。
学習内容を確実に身につけることができます。
実習の手順が具体的に示されています。
MISSIONでの実習の手順が具体的に示されていて,スムーズに実習を進めることができます。また,実習の手順は各MISSIONで最低限取り組む「基本MISSION」と各MISSIONの内容をさらに発展させる「オプション」に分けて示されています。これにより,各MISSIONの実習内容に柔軟性が生まれ,さまざまな実習の展開を想定することができます。 実習の手順が具体的に示されています。
繰り返し体験し,レベルアップしていくことができます。
MISSIONの実習内容は,MISSION1からMISSION9に至る間に,少しずつレベルアップしています。インターネットなどでの調査やプレゼンテーション,自己評価など,情報Aの学習で身につけることが求められるさまざまな能力を,情報Aの学習の中で繰り返し体験し,徐々にレベルアップしていくことができます。
繰り返し体験し,レベルアップしていくことができます。
各MISSIONで扱っている主な学習内容
NO. テーマ 課題設定 調査,情報収集等
1 携帯電話を購入する際の問題をあげてみよう。 教科書でテーマを提示する。 携帯電話を購入する場合に希望する条件を書き出す。
2 自分用のオリジナル名刺を作成しよう。 名刺をつくる活動の中で,生徒が名刺に載せる内容を考える。 名刺交換をする相手を想定し,名刺に盛り込む内容を書き出す。
3 自分の「おすすめ」をクラスで共有しよう。 友人に推薦できる「おすすめ」なことを生徒が考える。 紹介したい「おすすめ」の内容を考える。
4 情報のさまざまな面を見てみよう。 何を調査するか生徒が考える。 インターネットで1つのニュースを報じている複数のWebページを見つける。
5 クラスの実態を調査し,分析しよう。 自分のクラスについての疑問点や問題点を見つける。 アンケート調査をする。
6 地元のおすすめのお店の情報を収集して,まとめよう。 「おすすめの店」について,どのような情報を集めるかリストアップする。 実地調査や地域情報の収集などを行う。
7 テーマを表現する素材を作成しよう。 生徒がテーマを選ぶ。 テーマに沿ったディジタルデータを用意する。
8 マルチメディア作品をつくり,評価しよう。 生徒がテーマを考え,コンセプトを立てる。  
9 情報社会の「光」と「影」について討議し,まとめよう。 生徒が討議するテーマを考える。 グループで討議する。
NO. まとめ,制作 プレゼンテーション 自己評価 相互評価
1 希望する条件に対する問題を書き出す。   評(2項目)
で評価する。
オプション:他の人の問題と自分の問題を比べてみる。
2 名刺を作成する(ラフスケッチ,文字入力,保存,印刷)。   評(2項目)
で評価する。
相互評価をする。
(コンテスト形式:よいと思う作品を3つ程度選んでコメントを書かせる)
3 「おすすめ」の内容をコンピュータでまとめ,共有できるように保存する。
オプション:データを1つのファイルにまとめる。
オプション:データをもとにプレゼンテーションする。 評(2項目)
で評価する。
 
4 Webページごとの立場や表現の違いとその理由や,情報に接するときの注意点を考え,まとめる。 オプション:調べた違いを発表する。
評(4項目)
で評価する。
 
5 調査結果を集計し,グラフを作成する。
オプション:調査結果を発表する。 評(4項目)
で評価する。
オプション:他の人の発表を評価する。
6 オプション:各自でまとめた情報を印刷して掲示する。 集めた情報をまとめ,発表する。 評(4項目)
で評価する。
オプション:他の人の作品を見て評価し,情報を共有する。
7 データを編集し,素材として完成させる。   評(3項目)
で評価する。
オプション:他の人の作品を評価する。
8 素材を編集・加工し,マルチメディア作品をつくる。
  評(4項目)
で評価する。
作品を共有し,評価する。
オプション:評価項目や評価基準を話し合う。
9 討議してわかったことをまとめる。
オプション:すべての発表を終えて感じたことをレポートにまとめる。
討議した内容を発表する。 評(5項目)
で評価する。
オプション:プレゼンテーションの相互評価の観点,評価基準を生徒自身が考える。


<< 戻る
上に戻る
  Copyright(C)2006,Nihon Bunkyou Shuppan Co., Ltd.All Rights Reserved. プライバシーポリシー サイトマップ お問い合わせ