Nichibun.netは,日本文教出版が運営する,高等学校「情報」のサポートサイトです。
Nichibun.net  
教科「情報」授業支援 Contents
研究会・セミナー情報
「情報」メールバックナンバー
日本文教出版「情報」教科書・指導書
教科「情報」サポート教材
教科「情報」授業支援Contents
■新しい学習指導要領を読む 高等学校情報
■おもしろ情報学習ノート
■Webページ作成の手引き

□「情報」教科書対応関連リンク集
■情報Aリンク集
■新・情報Aリンク集
■新・情報Bリンク集
■新・情報Cリンク集
■過去のリンク集

■RubricChart
■「情報A」教科書板書例
■Webセーフカラー色見本表
■自由に使える音の素材集
情報教育 実践事例紹介
アプリケーション講座
HOMEへ
日本文教出版
Rubric Chart
教科「情報」で使える評価支援ソフトウェア Rubric Chart ルーブリックチャート

ダウンロードは、こちら

Rubric Chartとは

Rubric Chart ルーブリックチャートRubric(ルーブリック)とは,複数の評価項目と,各到達度をあらわす典型的な評価語で構成された表のことです。 Rubric Chartは,このRubricを用いた評価活動における,点数の計算やグラフの描画,生徒の成績を個別に出力する機能などをある程度自動化するソフトウェアです。
2005年4月8日 最新版(Ver1.5)を公開しました。


主な機能

・課題ごとのルーブリックを作成,編集する機能
・作成したルーブリックを元に評価を記録する機能
・作成したルーブリックを元に生徒が学習活動を自己評価する機能
・生徒別の評価をレーダーチャートで出力する機能
・生徒の個表などを印刷する機能
・総合実習に準じたルーブリックの例を参照する機能
・課題データのインポート機能(Ver.1.2からの新機能)
・課題データのエクスポート機能(Ver.1.5からの新機能)
・課題のインポート時に観点も読み込む機能(Ver.1.5からの新機能)など



Rubricを評価活動に取り入れる利点

・総合実習などの,プロセスを評価しなければならない学習活動の評価をより妥当なものに高めることができる。
・絶対評価で懸念される評価のゆらぎを,ある程度改善できる。
・生徒の学習活動及び成績を生徒・保護者等に説明するときの根拠を示しやすくなる。 など

尚,さらに詳しい解説は冊子「Rubric Chart 教科「情報」の実習で使える評価支援ソフト」を是非ご参照ください。冊子の内容はPDFでもご覧になれます。
 >> rc_all.pdf (ファイルサイズ 4,343KB)
※ファイルサイズが大きいため,リンクを右クリックして「対象をファイルに保存」してからご覧になることをお勧めします。



Rubric Chartのダウンロード

Rubric Chartのダウンロード 2005年4月8日 最新版(Ver.1.5)を公開しました。
・課題のエクスポート機能を追加しました。
・課題のインポート時に観点も読み込めるようになりました。
・課題テンプレートの体裁を変更しました。
・生徒別一覧から評価値を変更できるようになりました。
・生徒パスワードの一括削除機能を追加しました。
・その他,配色の変更,細かいバグの修正など。

●まだ「Rubric Chart」をお持ちでない方
以下のファイルをダウンロードしてご利用ください。
●Rubric Chart最新版(Ver.1.5)
RubricChartVer1_5.lzh (766KB)


※すでに旧バージョンをご利用の場合はこのファイルをダウンロードしないでください。成績データが上書きされ,データが初期化されてしまいます。
※ファイルはLZH形式で圧縮されています。Lhasaなどのソフトウェアを利用して展開してください。

●すでに旧バージョンをお持ちの方はこちら
以下のファイルをダウンロードして展開後,旧バージョンに上書きしてください。
●Rubric Chart 旧バージョン→Ver1.5へのアップデート
RubricChartUpdateVer1_5.lzh(528KB)

上に戻る
  Copyright(C)2006,Nihon Bunkyou Shuppan Co., Ltd.All Rights Reserved. プライバシーポリシー サイトマップ お問い合わせ