Nichibun.netは,日本文教出版が運営する,高等学校「情報」のサポートサイトです。
welcome to this website
HTML文書を書こう

●プランニング、情報の収集がすすんで、いざHTML文書を作成しようと思い立ったとき、 あなたは、どのようなツールを利用しますか? 一般的には、市販のHTML作成ソフトを利用するという手段があります。また、いくつかの文書作成ソフトには、HTMLを自動的に生成してくれるものもあります。

でも、あなたにHTML文法を学びたい、という意欲があれば、 そのようなソフトをわざわざ購入しなくても、簡単なテキストエディタさえあれば、 HTMLファイルを自分で書いてしまうことが可能なのです。
また、自動生成ソフトを利用している方も、HTMLファイルの中身がどのような仕組みになっているのか、 概要を理解しておくことが大切です。 万が一ファイルが破損した、なんてことがあったとき、 文法を理解していれば、ご自分で修復してしまうことだって不可能ではないのです。

この項目では、HTML文法の記述についての基礎的な概要をご紹介するものです。みなさんがご自分でホームページを作成するにあたって必要となってくるHTML文法の構造についてレクチャーしていきます。


contents

◎とにかく書いて見よう

◎文書の整形

◎色の指定

◎リンクをはろう

◎さらにきめ細かい文書の整形

◎画像データの読み込み〜写真やイラストを扱う

◎画像形式解説、イメージマップ

◎テーブルタグ〜表の作成

◎テーブルタグを利用したレイアウト

◎HTMLタグ、HEADタグについて

△contents△top

◎スタイルシート

color

font

 

text

 

box

 

background

記述法:詳細
 

layaut

 

list

 

table

 
その他のスタイル

◎フレームファイル

◎フォーム要素

◎マルチメディア

◎

◎ java

◎実践:サンプル

◎備考

 

*このコンテンツは、
スタイルシートに対応していないブラウザでは意図通りに表示されない場合があります。


△contents△top
Copyright(C)2005,Nihon Bunkyou Shuppan Co., Ltd.All Rights Reserved.